Mesh Grabber「Mesh Grabber」は外部モデリングソフトを使わなくても、Daz Studio内からオブジェクトジオメトリを操作できるようになるプラグインです。
モデリングソフトのように、オブジェクトの頂点を選択して、メッシュを押したり引いたり移動できるようになります。(回転するには別売りのアドオンが必要)
Blenderを模して作られているそうです。
今後新しいアドオンが登場したり、購入した場合は記事に追加していきます。


Mesh Grabber の使い方

インストール

インストールはDIMで行います。
DAZ Studioの[Tools]メニューに新しい「Mesh Grabber」ツールが追加されます。

Tools


ジオメトリの選択

Mesh Grabberツールを選択して、オブジェクトを選択すると、
クリックしたメッシュの場所にギズモと減衰範囲が表示されます。

Selecting geometry

選択はGeometry Editorと同じショートカットをサポートしています。

クリック マウスボタンを押したままドラッグすると一度に複数のポリゴンを選択できます。(Swipe selection)
Ctrlキー+クリック ポリゴンを追加で選択します。
Altキー+クリック その部分の選択を解除します。
Ctrlキー++キー 選択範囲を拡大します(Grow selection)
Ctrlキー+-キー 選択範囲を縮小します(Shrink selection)

コンテキストメニューから
ポリゴン頂点の選択を切り替えることもできます。

コンテキストメニュー

3つのモードは、Mesh Grabberの[Tool Settings]ペインにも表示されます。
Note

Daz StudioのGeometryEditorと同様に、ツールの動作はシーンで既に何かが選択されているかによって異なります。
何も選択されていない場合、ツールは自動的にマウスの下のオブジェクトを選択し、その中のジオメトリを選択します。
反対に、オブジェクトがシーンで既に選択されている場合、ツールは選択されたノードにないすべてのジオメトリを無視します。
これは意図的なものです。
たとえば、衣服の突き抜けを修正するには、最初にシーンツリーで衣服を選択し、その衣服を着ているフィギュアなどのジオメトリを、ツールが選択しないようにします。


ジオメトリの移動

何かが選択されると、ユニバーサルツールと同様の3つの軸(XYZ)と平面コントロール(XY,XZ,YZ平面の灰色の三角形)を持つギズモを表示します。

Dragging geometry

ギズモをドラッグで移動させると、選択されたメッシュが移動します。

ユニバーサルツールと異なり、Mesh Grabberツールのギズモは、選択した頂点をオブジェクトのメッシュ内で移動します。

選択範囲のすぐ隣の面は強く移動しますが、半径の球内のより遠い面は移動しません。
球のサイズ(減衰半径)を3つの方法で変更できます。
  • ツールオプションの[Falloff radius]スライダーを使用
  • ツールがアクティブなときにCtrlキーを押しながらマウスホイールを上下に移動する
  • Ctrlキー+PageUp/PageDownキーを使用する

回転

「Mesh Grabber Rotation Add-On」がインストールされていると、上記の移動に加えて、選択した頂点を任意の軸を中心に回転させることができます。

[Tool Settings]ペインで、用途に合ったギズモの方向を選択します。

gizmo orientation

ツールは常に3つのギズモ軸の1つを中心に回転するため、ギズモの方向は回転の結果に影響を与えます。

Ctrlキーを押したまま、ギズモの6つの移動ハンドルの1つをドラッグして
3つの軸(X、Y、Z)の1つが回転を実行する位置になるようにします。

回転軸の決定

Ctrlキーを押したままギズモを移動すると、カメラビューを変更したときギズモは自動的に停止します。
[Lock in place]チェックボックスもオンになります。


ギズモの回転ハンドルの1つをつかみ、回転させます。

回転

選択した頂点が対応するギズモ軸を中心に回転します。


回転は移動よりも少し複雑です。
頂点を移動する場合、ギズモの位置は関係ありません。
重要なのは、選択した頂点に追加する必要があるオフセットです。
ただし、3Dメッシュを回転させるには、軸と角度の両方を定義する必要があります。

Mesh Grabberは、Daz Studioのユニバーサルツールのような回転に3つのギズモ軸(X、Y、Z)を使用します。
したがって、回転するとギズモの位置が適切になります。
回転は、ギズモの軸がどこにあるかによって異なります。

Tool Settings

[Tool Settings]ペインからオプションの設定ができます。

Tool Settings
Selection type 選択タイプ
Face(面) Edge(辺) Vertex(頂点)から選択できます。
Gizmo ギズモの表示
各チェックボックスを選択すると、ギズモや減衰球が非表示にできます。
表示サイズはスライダー変更できます。
[Lock in place](所定の位置に固定)チェックボックスをオンにすると、ギズモが自動的に移動しなくなります(デフォルトではオフ)。
Note

ギズモは、常に現在のカメラに最も近い頂点に配置されます。
したがって、カメラを移動したり、頂点を選択したりするとジャンプする可能性があります。
これは[Lock in place]をオンにすると停止します。
Ctrlキーを押したままギズモを移動すると、[Lock in place]が自動的にオンになります。
現在の選択が変更されると、設定は自動的にオフになります。

Gizmo orientation ギズモのXYZ軸の方向
World ワールド座標
Node 現在選択されているシーンノードのローカル軸
Z to cam 回転時、カメラに対してギズモがZ方向に固定されます
45°to cam 回転時、カメラに対してギズモが45°方向に固定されます

WorldとNodeモードは、パラメータに回転が設定されていない限り、同じように動作します。
to comモードでは、Viewport cameraを使用して回転角度を決定できます。
Gainスライダー
メッシュ上のギズモの効果を一時的に弱めることができます。
Gainを100%未満に設定すると、選択した頂点がドラッグによる影響を受けにくくなります。
これは状況によってはきめ細かい配置に役立ちます。
Falloff radius
減衰球のサイズを変更できます。
Ctrlキー+マウスホイール、Ctrlキー+PageUp/PageDownキーでも変更できます。
Falloff type
Smooth (curve)
Smooth (curve)
Sphere
Sphere

Inv(erse) square
Inv(erse) square
Sharp
Sharp

Linear
Linear
Const (for constant)
Const (for constant)

Rand (for random)
Rand (for random)


補足とヒント

補足

モーフ
ジオメトリに加えた変更は、シーンファイルとともに保存され、シーンを再度開いたときにメモリに読み込まれます。

モーフを作成する機能はありません。
モーフを作成する場合は、OBJファイルをエクスポートして「Morph Loader Pro」で作成します。
チュートリアルは
が詳しいです。
今後、自動的にモーフを作成できるアドオンが提供される予定だとか。
Mesh Grabberで行った変更の削除
Reset mesh grabberツールによって行われた全ての変更を削除するには、
(ツールをアクティブにして)ジオメトリを
右クリック > Reset mesh grabber (clear all deltas) を選択します。
これにより、このオブジェクトでMesh Grabberを使用したことがないかのように、元のジオメトリが復元されます。
Smoothing Modifier
メッシュの変更方法で、Daz StudioのSmoothing Modifierと争うことがあります。
Mesh Grabberでメッシュをドラッグした後、Smoothing Modifierが遅れてアクティブになるようです。
したがって、メッシュが不規則に前後にジャンプする場合は、現在選択されているアイテムのSmoothing Modifierをオフにすると役立つことがあります。
geograftsやdForce
Geometry Editorや他のDaz Studioツールと同様に、Mesh Grabberツールがアクティブなときにgeograftsを無効にする必要があります。
別のツールに切り替えると、再びオンになります。
これはdForceヘアにも影響します。
Mesh Grabberツールがアクティブな間、すべてのdForceヘアはシーンから消えます。
シーンのdForceヘアアイテムがレンダリングから欠落している場合は、レンダリングする前に、ユニバーサルツールなどのシンプルなツールに戻します。

Geometry Editorの利用

選択に関するヒント
Geometry EditorツールからMesh Grabberツールに切り替えると、選択したすべてのファセットをコピーし、元に戻すとそれらをコピーします。
これにより、Mesh Grabberの選択にGeometry Editorの高度な選択ツールを使用できます。
マスキングに関するヒント
Mesh Grabber2.0は、Geometry Editorで非表示にされていた頂点を移動しなくなりました。
これは、いくつかのプリミティブマスキングに使用できます。

Hide Selected Polygon(s)Mesh Grabberで面を選択しGeometry Editorツールで、
右クリック > Geometry Visibility > Hide Selected Polygon(s) (選択したポリゴンを非表示)を選択します。
Mesh Grabberに切り替えると、非表示の頂点はそのままになります。
Show All Polygons次に、Geometry Editorに戻り、
右クリック > Geometry Visibility > Show All Polygons(全てのポリゴンを表示)を選択します。

Grab

衣服の破れや食い込みを修正するだけでなく、衣服をめくったりも可能です。